脱毛サロンと医療脱毛はどう違う?

まつ毛美容液と育毛剤の違い

脱毛サロンと医療脱毛の違いは色々ありますが、まず照射パワーが違います。
医療脱毛の方が強く、短時間で脱毛できます。
脱毛サロンは、照射パワーが弱いので、長時間通う必要があり、その分、お金がかかることになります。

 

 

脱毛資格にも違いがあります。
医療脱毛の場合、有資格者が施術するので高い効果が期待できますが、脱毛サロンの場合、資格が無くても施術が可能です。
そのため、リスクを伴い、照射漏れの可能性もあります。

 

医療脱毛の場合、医師の診察が可能なので肌の状態をしっかり診断できますが、脱毛サロンは、カウンセラーしかいないので不安があります。

 

 

肌トラブルの際、医療脱毛であれば、薬を処方して迅速に対応してくれるので万が一のときでも安全ですが、脱毛サロンの場合、迅速な対応ができず、傷跡が残る可能性があります。

 

しかし、脱毛サロンの中にはクリニックと提携し、何かトラブルがあった時には医師による診断を受けることができるように配慮しているエステサロンもあります。

 

医療機関には医師が常勤しているので、施術中に何らかのトラブルが発生した場合でも適切な処置をしてもらえます。

 

それゆえ、強力なレーザー機器を使うことが国から認められているわけです。
脱毛サロンの場合、強力な機器を使用できないので、脱毛完了までに時間が長くかかります
反対に言うと脱毛サロンの施術は比較的安全であるということもできるでしょう。

 

また、強力なレーザー機器であるがゆえに施術中に痛みを感じる人も多くいます。
この点に関しては、脱毛サロンのほうが痛みが少ないのでネックに感じる人もいないと言えるでしょう。

 

その他にも施術料金の違いなどもあるのでエステサロンか、医療脱毛か、どちらがいいのかというのは、
脱毛が完了するまでの期間や、予算、痛みに強いかどうかなどで決めることをオススメします。

 

 

脱毛サロンでは一番人気♪
ミュゼ予約